韓国がもたらした美容整形ブームは日本に定着


韓流ブームに乗ってやってきた整形ブーム

2000年代に韓流ブームとともにやってきたのが美容整形ブームでした。韓国の人たちは、まるでメイクをするような感覚で整形をするという情報が日本に伝わり、日本人を大いに驚かしたといいます。当時、日本では整形に対する抵抗感が強く、親から授かった体にメスをいれるのはよろしくない、という考え方が強かったのです。それでも韓流ブームとともに徐々に日本にも美容整形が浸透し、受け入れられるようになっていったのです。

プチ整形が流行を後押し

整形ブームを後押ししたのは、プチ整形という手法でした。美容整形の中でも安価で手軽な上に、安全性が高いという認識が広まり、日本人の間でも徐々にプチ整形が受け入れられていきました。芸能関係の仕事をしている人には馴染みのある美容整形でも、一般人の間では抵抗感が強かったのです。日本人の美容整形に対する抵抗感を和らげるためにプチ整形が生まれ、徐々に整形に対する抵抗感が薄れていきました。若者を中心に整形が受け入れられていったのです。

身近なYoutuberも整形している

今や日本でも普通に受け入れられるようになったプチ整形ですが、近頃は身近なYoutuberたちが整形ブームを後押ししています。依然として美容整形に対する関心は高いものの、自分ではなかなか美容整形に踏み切れないという人が多いため、Youtuber達が率先して整形をし、その結果を報告する動画が人気を集めています。自分自身の経験を基に、美容整形のメリットやデメリットを率直に紹介する動画は100万回以上再生されるほど注目度が高いです。

フォトフェイシャルとは美肌治療のことで、シミやそばかすの原因であるメラニン色素や、顔が赤くなってしまう原因であるヘモグロビンなどに同時に働きかけます。同時に働きかけて、肌トラブルを一気に改善します。