脱毛が肌を悪化させる?脱毛処理が及ぼす肌への副作用に注意


キレイになるための脱毛で肌が荒れる

好きな人が出来たり海やプールで肌を晒す機会ができた時に真っ先に考えるのが体の毛を脱毛するかどうかですが、脱毛処理はただ単に毛が抜けてきれいになるだけではありませんので注意が必要です。毛は毛根が肌に深く根ざしているので、抜く脱毛であれば当然ながら無理やり毛を引き抜かれた毛根は怪我をすることになりますし、僅かな出血を起こすことも珍しくありません。この傷口からバイキンが入るようなことがあれば炎症することもよくあります。またこれはレーザー脱毛などでも同じようにダメージを与えることには変わりないため毛根周辺の肌へのダメージは免れません。

またカミソリなどで剃毛する場合も、毛根はダメージを受けませんがその代わりに押し付けられた刃が肌の細胞を傷つけて肌荒れや炎症を引き起こす危険性があります。

脱毛する際は毛を抜いた後の肌ケアがとても大事

こうした脱毛の際のダメージを受けないようにする事は現実的に非常に難しい問題ですので、いかにダメージを小さくするか、もしくは受けたダメージを快復しやすい状態にするかが重要になります。毛を抜く脱毛の場合に真っ先に気をつけたいのは抜いた後の毛根へバイキンが入ってしまわないようにすることです。抜毛の際は事前によく該当部分を清潔にしておき、毛を抜くごとに氷嚢などで患部を冷やす事で痛みや炎症を和らげることができます。

剃毛の場合は、剃毛をした後しばらくは剃毛箇所に刺激を与えないようにする事が肌のダメージを悪化させないために大切です。タイツなど患部を締め付けるような服は避けたほうが良いでしょう。化粧水やハンドクリームなどで保湿するのも刃でこすられた肌のダメージの治りを早くしてくれます。

東京まで行かず、医療脱毛を千葉で受けている方は多いです。比較サイトをチェックし、自分に合った病院へ通いましょう。