レーザー脱毛と光脱毛!どんな違いがあるのか


レーザー脱毛と光脱毛の特徴とは

レーザー脱毛とは、毛の黒色色素に反応する特殊なレーザーを脱毛したい部分に照射することで、毛とその元となる細胞を破壊し毛の成長を止める脱毛法です。細胞ごと破壊するため脱毛効果は高く、永久脱毛の効果を得られます。光脱毛も同様に黒色色素に反応する光を照射し、毛とその元となる細胞にダメージを与える脱毛方法です。レーザー脱毛よりも出力が弱いため、永久脱毛の効果はありませんが定期的に行うことで毛が生えにくくなります。また、光脱毛はレーザー脱毛よりも一度に照射できる範囲が広いため、レーザー脱毛と比べて短時間で施術を行うことも可能です。

レーザー脱毛を行える脱毛店は

レーザー脱毛は光脱毛と違い、通常の脱毛サロン店では施術を受けることができません。レーザー脱毛は医療行為にあたるため、特別な資格を持つ医師が在籍している美容クリニックで施術が可能です。レーザー脱毛は脱毛効果は高いものの、出力が高いため肌に負担がかかりやすく、肌の弱い人や敏感肌の人は、場合によっては赤みやかゆみが現れる可能性もあります。万が一施術後に肌のトラブルに見舞われた際にも、医師がいるため手早い処置が可能です。

レーザー脱毛のメリットとデメリット

レーザー脱毛は脱毛効果が高く、永久脱毛の効果が得られることが大きなメリットですが、その反面強い痛みを伴うこともあり、肌への負担も大きくなります。レーザー脱毛は資格の持っている医師が行うため安全性は高いですが、料金は光脱毛よりも高いことが多いです。また、施術を受けられる場所も一部の美容クリニックに限局されてしまうなど、光脱毛との違いが見られます。自分の目的や利用のしやすさに合わせて脱毛方法を選ぶと良いでしょう。

医療レーザー脱毛は、メラニン色素に反応する機器を使用して施術を続けることで、永久脱毛や毛穴の引き締め効果を得ることができます。