どうすれば育毛できる!?生活習慣とストレスがポイントに


育毛を促進する生活習慣とは

肌トラブルと生活習慣病を予防する対策は、髪にもよいと考えてください。髪は肌の一部が変化したもので、頭皮状態が髪に反映されるのは有名です。例えば縮れ毛が気になり始めたとき、頭皮はオイリーになっていることが多いです。また髪がパサつくときの頭皮は乾燥したり、敏感状態になったりしているケースが目立ちます。育毛のためには頭皮を正常にする対策が必要です。食生活はバランスを意識して、偏らないように注意してください。三大栄養素であるタンパク質と糖質・脂質をバランスよく補給することが大切です。無理なダイエットは薄毛の原因になるので、育毛を開始するときは注意しましょう。一方で肥満体質の人は生活習慣病のリスクを高めるので、適正体重まで減量させる必要があります。

ストレスが溜まると髪によくない影響が

転職したら急に抜け毛が増えたという人がいますが、これは転職によるストレスが関係しているケースが少なくありません。ストレスは髪の大敵であり、慢性的なストレスは髪を細く弱々しい状態に変えていきます。強く元気な髪を育てるには、毛根にたっぷりと栄養を行き渡らせる必要があります。しかし血行不良を引き起こしていると、毛根に栄養が届きにくいです。ストレス性の薄毛に悩んでいる人は、ストレス対策を徹底するのが育毛の第一歩となります。エステのボディマッサージや整体施術を受けると、全身の疲労とストレスを解消できます。すると睡眠の質がよくなるので、ヘアサイクルを整えるメリットも期待できるわけです。シャンプー後の抜け毛をチェックして全体的に細いと感じられたら、ストレス性の薄毛を疑ってみてください。

育毛に効果的なサプリは亜鉛です。亜鉛には髪の主成分であるケラチンというタンパク質を合成する働きがあるためです。