自己処理と脱毛サロンで脱毛する時の違いとは?


自己処理で行うメリット・デメリット

無駄毛の処理をエステで行うのとセルフ脱毛することの違いは、色々な部分ででてきます。自己処理、別名セルフ脱毛のメリットとしては、いつでもどこでも自分のペースで行えること、デリケートゾーンの脱毛も自分で好きなようにできることです。誰かに見られると恥ずかしいところであっても、セルフで行えば問題なく仕上げられるでしょう。ただし、セルフで行うデメリットも少なくありません。仕上がりがきれいにならない場合があることや、毛嚢炎や埋没毛といった症状が発生することです。また、自己処理で行った部分のアフターケアをしっかりしないと、肌荒れが起こりやすいといいます。更に、カミソリ負けによって肌に傷がついてしまう可能性もあるため、慎重に処理を行うことが必要です。

脱毛サロンで行った場合のメリット・デメリット

脱毛サロンで無駄毛の処理を行う場合、メリットはセルフの逆となります。肌を傷つけずに処理できること、いつでもきれいに仕上げられることです。また、定期的に通うことによって、無駄毛が生える確率が低くなります。更に、1回あたりの単価が医療用脱毛よりリーズナブルな上、部位ごとにワンコインでできるなど、キャンペーンをサロンごとに行っています。ただしデメリットも多く、費用がかかること、長期間通わなければならないこと、自分の毛周期とサロンでの予約できる状況が一致しないことです。特に月経中などに当たると、予約ができません。そのため、完全に脱毛できるようになるまでは長期間通わなければならないでしょう。セルフ脱毛と脱毛サロン、どちらがいいのかはライフスタイルや価値観によって異なります。両方体験してみてから、自分に合う方法を選んでください。

脚の脱毛をすることによって、ムダ毛処理の煩わしさから解放されます。また、短いスカートなど脚を露出した格好をする時、ムダ毛の処理忘れを気にしなくて済みます。